京都の結婚相談所 マリアージュ・コンソルジェ オフィスen
京都 ・滋賀 関西圏のお見合い結婚をサポートします。

結婚したい人に送る今日の一言


会員さま、また予備会員のみなさま、結婚を望んでいる
独身男性・女性に日々お会いする中、感じることがあります。      ハートミニ
そんな方々やサイトをご覧のみなさまに向けて
「毎日一言」エールをお送りするつもりです。
(できる限り毎日更新・・の予定です。)
時には苦言も!叱咤激励と受け止めてくださいね。


11月30日(日)
男性は結婚して大人になる?

正直のところ、私はそう思っています。
以前勤めていた頃、年下の男性同僚たちみんなそれぞれの独身時代〜
結婚〜パパになる過程を見てきました。実弟を見ていてもそう思います。
「既婚者男性がなぜ魅力的に見えるか?」についても解かります。
大人に見えるのですよねぇ。家族やその周囲の人々、家庭の細々とした
出来事や苦労を体験して来ているから”頼りがい”があるように見えるのです。
女性は未婚でもそのあたりの苦労や実情を、母親の姿を見ながら学んで来
ています。でも男性は違います。 特に女性と深い恋愛を経験していない男
性は、女性から見て子どもっぽく映るのでしょうね。
でもね、変わりますよ。必ず。そのスタートが少し遅いだけ。
見極めるべくは「家庭人として、良い風に変われるかどうか?」 なのでは
ないでしょうか?家族モノ(人間愛に触れる、みたいな)の映画を一緒に見
に行き、感想を話し合ってみてください。 彼の家庭観、良き家庭人になれる
可能性の高低が解かるか知れませんも?

11月29日(土)
「お断り」するということ

お見合いをして(交際の)お断りをする。当然あることです。
「すみませんが、ちょっと合わない感じがして・・。」とか、まぁ、お断りの
理由はいたってファジーな感じです。(決定的に、私も納得するような
お相手さんもいらっしゃいますが) どうなのかぁ?ほんの少しだけ、「私(僕)
はお断りをするし交際するつもりはないけど、相手は自分のことを気にって
くれていたとしたなら、それはちょっと気持ちいいかな?」などと思ったりし
たことはあり ませんか?「僕は選ばなかった」「私が選ばなかった」だか、
ご縁が成立しなかった。 誰しも自分が”選ぶ側”だと思いたいものです。
お断りするとき、心の底から「僕(私)とお見合いしてくださってありがとう。
僕(私)のことを、あなたもイマイチだと思ったのでしょう?そうあってくださ
る方が嬉しいです。なんだか心が楽です」 と思えるようになれば、結婚は
そう遠くないと思いますよ。「僕(私)と付き合いたいと思ったんでしょ?でも、
こっちは願い下げだよ。大体さ、僕(私)と釣り合うなんて思ってたわけ?」
↑こんな悪魔的な考え方が身についてしまっている方は、絶対結婚できません。

11月28日(金)
「自己評価」という厄介なモノ

ある傾向の女性たちが書くブログを読んでいて、思うことがあります。
「自己評価が低いため、自分を求めてくれる男性を探し渡り歩いてしまう。
自分の存在意義を確認したくて、男性たちに依存してしまう」。
同性として悲しいことですが、 解からなくもありません。
で、どちらかというと結婚相談所にはこういうタイプの方はいないのです
よね。十分に自己を認めていらっしゃる。はっきり言って自己評価が高い
のです。もちろん、親御さんからも”ちゃんとした娘である”と認められて
おり、それも自覚されています。 これは素晴らしいことのなのですが、時と
して、良い結果を齎さないこともあるのです。特に婚活においては・・。
”自己評価は高くキープしつつ、思いっきり謙虚になる”これほど難しい
ことは無いのかもしれません。 自己評価を下げる必要はありません。
が、現状を客観的に見る”頭の切り替え力”だけは持って頂いた方が良い
のかも知れません。(苦言モード、ごめんなさい)

11月27日(木)
うれしいお話

当所で成婚退会なさった方のお母様から、知人の方をご紹介してくださる
際、娘さん(成婚退会した)のおめでたをご報告いただきました♪
嬉しいですよね〜。まもなく可愛い赤ちゃんが生まれるのだそうです。
お母様のお人柄から確信できます。彼女はきっと、良いおかあさんになる
だろうと。こうやって命は受け継がれ、想いは繋がって行くのですね。
あまり綺麗ごとや営業上の良いことばかりを書かないようにしているのですが、
「京都の結婚相談所 マリアージュ・コンソルジェ オフィスenはやっぱり一組でも多く、幸せな
家族を増やして行きたいです」 。ちなみに先出のお母様からは、とても薀蓄
のあるお話を聞きました。「娘の結婚について」です。心に響きました。
機会があったら、個々の会員さんにお話しますね。
やがてはみなさんも、「娘を嫁がせる」親の立場になっていただきたく思います。
10年、20年って本当に早く経ってしまうものなのですよ。(しみじみ・・)

11月24日(月)
「価値観が同じの人」を求める気持ち

当所ビルの近くに大きなイチョウの木(街路樹)がありました。この時期は
落ち葉がいっぱい。周辺のお店の人たちは頻繁に落ち葉掃除をしてくださ
ってました。落ち葉で滑って転倒するという事故があってはなりませんから
ね。私も1階に事務所があるときは、時々、落ち葉掃除をしていました。
が、当所は朝のオープンが遅いので、どちらかというとご近所の方たちに
お任せしてしまっているという、申し訳ない状況だったのです
昨日、イチョウの木が切られていました。痛々しい切り株を発見したのです。
おそらく付近住民の不満に応え、行政が切ってくれたのだと想像します。
でも、なんだか悲しくて溜まりません。木だって生き物なのに・・。
長年、この交差点を見てきてくれたのに・・。
「自分が毎日掃除をしているわけでもないくせに。営業に悪い影響を与えら
れていたお店の人たちの立場になったら、そんなことを思ってはいけないのだ」
こうやって感情を持て余すこと自体が私の価値観なのだと思います。
同じような心境になってくれる人が、価値観が合う人なのでしょうね。
みなさんがそれを求める気持ち、すごくよく解かります。

11月23日(日)
フワフワの原理法則?

猫は自らがフワフワ(モフモフ)なのに、いっそうフワフワな毛布やタオル
を好むのはなぜだろう? 」なんてつまらないことを考えてます。
男性は女性の柔らかさ、フワフワさを求めています。生理的にね。
「柔らかそうな手や腕に触りたい。髪を触ってみたい。抱きしめたい!」こ
う自然に思えないのであれば、その女性との結婚はありえません。
さて、女性ですが、女性もやっぱりフワフワなものが大好き!ただ、私た
ち女はフワフワなものを抱きつつ、背後から力強く逞しいものに守られ抱
かれたいのですよね。これは、赤ちゃんを抱く母親、その2人を守り慈しむ
父親、幸せな家族をイメージさせる構図なのではないでしょうか?
これを”フワフワ原理”と申します!!
”守りたい命と心、それに伴う責任”が男にも女にも(愛猫者にも?)必要
なのです。それは自分自身が犠牲になることだってあり得ます。
だからこそ愛情が深まるのではないかとも思います。

11月22日(土)
11月22日は「いい夫婦の日」

きっとみなさんには、「お手本にしたい♪ステキなご夫婦だなぁ」と思う
知り合いのカップルがいらっしゃることと思います。私の周りにももちろ
ん!熟年の仲良し夫婦が多いですね。ただ、こんなことも思いました。
人の好き嫌いが少ない私ですが、どうしても苦手な方もいます。仮に、自
営業中年バツイチ男性A氏としましょう。A氏はかなり個性的な性格なの
で、私同様、彼に苦手意識を持つ方も多いと聞いています。
さて、このA氏なのですが実は最近、再婚をしたそうです。 ラブラブで幸せ
いっぱいだそうです。「ふ〜〜ん。良かったんじゃない?でも、彼を好きにな
れる女性って?受け入れることができる女性って?」正直、パッと頭に浮か
んだのはこの感想でした。でも、違うのですよね〜。”世の中の99人から
良く思われていないとしても、たった1人の人が自分のことを理解してくれ、
愛し合うことができれば、それが幸せなのです”
「いやいや、たった1人じゃなくて、やっぱり100人中50人からは良く思われたい。
その中の1人を僕(私)が選びたい!!」←これでしょうか?本音は(笑)。

11月21日(金)
婚活の先にあるもの

香山リカのココロの万華鏡:大切なのは「婚活」の先 /東京
この記事を読んで、「う〜〜〜ん」と唸ってしまいました。
確かにそうなんですよね。婚活に勝ち抜いて結婚したのはいいけど
その後・・。果てしなく続くのは「生活」 なんですよねぇ。生活を構築す
べく主人公である僕(私)なのに、”個”としてのアイデンティティが捨て
切れない、だから適応障害になってしまう。
婚活に励むシングルさんたちに必要なのは、「結婚後の人生をリアリテ
ィを持って想像する力」 なのではないでしょうか?言葉で言うと簡単で
すが難しいことですよね。一番参考になるのは(なって良しとされるこ
とは)ご両親の夫婦のあり方を見ることかなぁ?でも、ご両親のころとは
社会背景が異なりますもんね。
基本、これかと思います:『あなたの気分の良いときも悪いときも、夫と
なり妻である人が一つ屋根の下に存在しているです。血縁者じゃないから、
「何を言っても、何をしても許される」というわけじゃなありません。当たり前
のことですが、当然、衣食住、仕事、家事、人間関係、すべてを同じフィー
ルドにおいてこなして行かなければならないのです。』

11月20日(木)
コートを冬に初めて着るとき

昨日あたりから、ムチャクチャ寒くなりましたね。
思わず冬のコートを出した方も多いのではないでしょうか?
おニューのものはともかく、昨年着てクリーニングしてあったものを
出したとき、ふと思いませんか?「あれ、去年の今ごろ、僕(私)は何を
していただろう?何を考えていたかしら?」と。婚活されている方にとって
の1年は短く、印象深いものであったことと想像します。来年、コートを着る
ころにはどうなっているでしょう?ぜひとも「このコートは好きだったけど、
独身のうちに奮発して新しいのを買おうっ!」と思っていただきたいもの
です。ええ、もちろん、お相手が決まってのことですよ。結婚準備にはお
金が掛かります。でも、ドサクサ紛れに高価な買物もし易い時なのです
(笑)。みなさんに、早くそういう時が訪れてほしいです。”国内需要を高め
るのには結婚する人たちを増やすことが一番”。オフィスen経済研究所
(いつからそんなのできたん?)の見解です。

11月19日(水)
心理カウンセリング

実は今日、心理カウンセリングの先生にお話を聞いてもらいました。
「え?心理カウンセリングって、メンタル系の病気の人が行くところなの
では?」と思われましたか?いえいえ、違いますよ。アメリカでは普通です。
(アニーMYラブのアニーも利用しています)私はみなさんの結婚の悩みを
お受けする立場。でも、感情移入し過ぎる向きがあり、それゆえ辛くなる時
もあるのです。そんな気持ちを和らげたくて話を聞いてもらいました。
みなさんの悩みは結婚問題なのでしょうが、それ以外の”漠然とした何か
の内のひとつ ”がそれなんだとも思います。でも、残念ながら私は、結婚問題
以外の”漠然とした何か”に対してカウンセリングさせていただくことはできま
せん。いかがでしょうか?関心のある方には、その心理カウンセラーさんを
ご紹介いたします。(安価で優しい紳士の先生です。出張も可能、当然ながら
秘密厳守です )

11月17日(月)
不器用であるということ

映画やTVドラマ、小説などでは、「(生き方が)不器用な男キャラ」が魅
力的に表現されていませんか?口下手で自分に厳しく、媚びる事が苦手
で孤独を恐れない。正義心が強くて嘘が嫌いで、誤解されても何かを守
り抜く。いつの時代もカッコイイ男として、女性たちの心を揺さぶる対象
なのかもしれません。でも、実際のところいるかなぁ?正直、見たことが
ないし知り合いにもいない。もし、いたとしても結婚相談所では女性たちに、
その魅力を発見してもらえることはないでしょうねぇ。だって、解かり難いで
すもん!! いわゆる”ダンディズム”。これってパッと見のウケが悪いの
かも知れません。 「そうじゃないわ。私は石原プロ系(笑)の男性が大好
き!少々面白みに欠けても付いていきたいわ」と言う女性、古き良き”昭和
ライク”な方です。相談所にあって貴重なキャラかもしれません。個人的に
は応援したいです♪

11月16日(日)
”ムカツク心”をパワーに代える

え〜っと、私事ですが恥ずかしながら、子供のころから歯質が良くなく、
それがコンプレックスにもなっています。調子が悪くて歯医者さんに行
くと、凄く怖い歯科衛生士さんに怒られるのです。”歯茎や歯の手入れ
が悪い!!”そりゃ、もうキツイ!!人格まで否定されているかのよう
、相当 凹みます。「そこまで言わなくてもいいじゃない。たかだか歯のこ
とぐらいで、人間性まで否定するような言い方することないじゃない」と、
怒りさえ沸いて来るのですよねぇ。でも、悔しいし(負けず嫌い)、やっぱ
り歯や歯茎はキレイで丈夫でありたいので、せっせとお手入れ&メンテ
ナンスに通っています。そうするとみるみる効果が出て、あの鬼(笑)
歯科衛生士さんからムチャクチャ褒められるようになりました。
正直、嬉しかったりして・・。嫌なこと、キツいこと、耳の痛いことを言われ
ても、絶対逃げないでいましょうね!負けてはいけません。
※何を言わんとしているか解かっていただけますよね。
この歯科衛生士さんの役割=当所においての私の役割なのです。

11月15日(土)
若者デートの効用

「結婚相手を決める交際ですもの。とにかく会話を重ねなきゃと思って
ます。デートは食事やお茶やお酒をゆっくりと。会話中心デートですね」
こうおっしゃる交際中会員さんが多いです。でもね、たまにはボーリング
やカラオケ、ゴルフの打ちっぱなしやバッティングセンター、卓球、バドミ
ントンなど、若い人が好むようなデートをしてみてはいかがでしょうか?
お相手の意外な面を発見したり、とにかく、同じ事を一緒に行うことによ
り親しみも沸いて来ます。感情もきっと共有できるはずです!
「一緒に遊んで楽しい。初めての遊びフィールドに足を踏み入れさせて
くれた彼(彼女)が好ましい」この気持ちって大切だと思うのです。
はしゃいで笑い合って、手や肩をポンポン叩き合ってください。
楽しい体験=お相手への好感度アップに繋がります。
美術館、映画、水族館、散策、ドライブデートに飽きたらぜひ、若者デー
トを!!

11月14日(金)
愛情の過程

お相手に好感を抱き始めると、自分の気持ちより、”相手がどう考えて
いるか?自分のことをどのように見ているか?”が気になり出します。
それが自然なのですよね。お互いが近い時期にこういう気持ちになれば、
交際は上手く行き、成婚が見えて来るのです。よく聞く台詞に、(当所の
会員さんだけでなく、他所の会員さんも彼、彼女らがお世話になっている
仲人さんにおっしゃいます)、「僕(私)自身、ようやくお相手のことが好き
になって来ました。僕(私)の気持ちが結婚に向いて来たようです」が、
あります。台詞自体、とても当たり前のように思えるのですがどうなので
しょう?あくまで、「僕」、「私」しか見えていないのですよね。自分の気持ち
しか見えていないのです。こういう場合、「まさか!!」の結果に至るこ
とが多いです。お相手からの交際終了通告。 まさしく晴天のへきれき。
「どうして?仲良くお付き合いしていたのに・・」となってしまいます。
お相手の気持ちが見えていなかったのですね。 お相手の心の綾に鈍感
だったのかも知れません。

11月13日(木)
脳みそキャパの少なさを実感

昨日のお休み(休所日)は晴天に恵まれ、気持ちの良い1日でした。
下鴨神社を通り抜け鴨川沿いを河原町三条まで歩きましたよ。
こういう時間、ささやかな幸せを実感します。ただ、頭の中を空白にする
ことのできない不器用な私です。在籍中(結構、長く・・)の会員さんの
こと、新規会員さんのこと(11月はとても多いのです)、「う〜〜ん、成婚
までどういうお世話をするべきか?」と知らず知らず考えてしまってい
るのです。結婚相談所って、本当に超個人的な仕事だと思うのです。
つまりはマンツーマン。会員さんのキャラクターや条件って、誰1人とし
て同じじゃないのですものね。もっともっと脳の許容量を大きくしたい、
広い心の持ち主なりたいです。”なりたい自分”までの距離は果てしなく
遠いような気持ちになってしまいますね。
「結婚相談所においてのみなさんのゴールは成婚退会!私のゴールは
後から後からまた増えて来ます。これが自分の選んだ仕事、人生なのだ
と納得するまでです。

11月10日(月)
日曜日の大型ショッピングセンター(昨日の続き)

昨日、なんとなく歯切れの悪い終わり方だったので・・(;^_^A。
そうなのですよね。”家庭を構築するにあたり、多かれ少なかれ苦労は
付き物だ”ということは、きっとみなさん解かっていたのだと思います。
結婚してみて、「ああ、このことなんだ」とどこかで感じているのでしょう。
でも、したのです、結婚を。そしてそれを続けて来た今、「壊したくないもの」
「守りたいもの」が出来上がったのです。忍耐やら我慢やら妥協やら諦め
やら、そんなネガティブ事象よりも、「壊したくない、守りたいものがある」と
言う気持ちの方が強くなるのでしょうね。これこそが(説明こそ難しいですが)
”人の営み”なのだと思います。自然だと思います。
「忍耐、我慢、妥協、諦め、そんな言葉は自分の辞書にない!!壊したくない
、守りたいもの、それは自分自身である。それ以外ない!」と言い切れる人
が独身を貫くのだと考えます。貫く意志を持ち続ける方がずっとしんどそう・・。
人間ってそんなに強くないですもんね。出来上がったものをキープする努力
をする方が、まだ易しいような気がします。

11月9日(日)
日曜日の大型ショッピングセンター

平日が休所日なので、滅多に日曜日には買物に行かないのですが、
たまたま用があり大型ショッピングセンター(カナートね)に行きました。
家族連れの多いことと言ったら。 百人百様の家族模様、家庭の営みが
あるんだなぁとしみじみ思いました。幸せそうに見えて、もしかしたら、問
題を抱えている家庭もあるかも知れません。仮面夫婦かもしれませんし、
子どもさんのことや舅姑問題で悩みだらけの家族もいるでしょう。
結婚、そして家庭を持つということは、そういうしがらみを受け入れ合う
ことなのだと思います。責任という名のもと、それぞれがそれぞれの
、またそれに纏わる人々の命や心を守り愛して行かなければならない
のです。傍目には解からない家庭の姿。みなさんも(まったく知り合い
でない)買物家族を見て想像してみてください。
何か見えてきましたか?

11月8日(土)
秋が深まってきましたね

今が紅葉まっさかりかと思います。お相手がいる人は紅葉狩りデートを
なさるのでしょうね?穴場を探して、お弁当を持って行くのがよろしいかと
考えます。いつもお見合いで使っているグランヴィアH近くの伊勢丹地階に
は、見目麗しく美味しそうな行楽弁当がいっぱい売っています。ここはひと
つ奮発して豪華なお弁当タイムを楽しんでください!!(なかなかのお値段
です)「頑張っているんだけど、なかなか交際が続くお相手と巡り合えない」
と嘆く方もこれからお正月に掛けてが頑張り時。お見合いピークの季節な
のですから、今まで以上に積極的にお申し込みや検索をしましょう。
「×」が返って来ても平気、平気。みなさん、同じです。粘り強く淡々とお申し
込みを重ねてくださいね。「もう、お申し込みをしたい人がいない〜」とおっしゃ
る方には毎度、こう申し上げています。「いつも使っているメガネを掛け直して
みてください。同じメガネばかりで見ているから曇って来ているんですよ」と。

11月7日(金)
カップリングパーティについて

年内はもちろん、年明けのカップリングパーティ予定も早々と決まりつつ
あります。 大阪、京都、神戸、いずれも従来はホテルや大きい会場を使っ
て開催していたのですが、今後はカジュアルなカフェバー(済10月26日京
都開催パーティ) やラウンジも時々使って、若々しく気軽な雰囲気で開催
して行くとのことです。パーティ情報は小まめにチェックしてくださいね!!
「パーティは苦手・・」とおっしゃらず、思い切ってチャレンジしてください。
パーティでのマッチング→お見合い→交際→成婚という方もたくさんいらっ
しゃいます。 パーティに関しては裏で囁かれる噂話として、「すごくイイ人
がいっぱいいる時と、そうでない時がある。こればかりは当たり外れがあり、
何回か参加してみないと解からない!!」だそうです。
チャンスはいつ来るか解かりません。半年に1度ぐらいずつのスパンで参
加されてはいかがでしょうか?

11月6日(木)
みなさん、どうされているのかなぁ?

ちょっとお久しぶりです。公私ともにおかげさまで忙しいです。
結婚相談所は、今がとても活気ある時期なのですよ。クリスマス、年末
年始を見越して、みなさんお相手を探したいと考えるのでしょうね。
資料請求や入会説明を希望してくださる方も多いのですが、実は当所は
後追い営業また、入会促進の電話はしておりません!(会員のみなさん、
そうだったでしょ?)すなわち、入会なさっていただけなかった方々の”そ
の後”を知らないのです。
「もしかしたら、相談所以外で素敵な恋人ができはったかなぁ?」「他所さ
んに入会なさったのかしら?」「まだ決心が着かず、悶々と入会を迷って
いらっしゃるのでは?」「結婚、もしかして諦めちゃった?」など、いろいろ
なことを妄想したりいたします。
もし迷っておられるのなら、今一度、勇気を出してください。実際に動かない
と何も始らないのです。

11月2日(日)
「なんだか元気だな?」と自分が思える時

ありますよね。バイオリズムとか、日々を通しての自分の好不調。
男性のサイクルは女の私にはちょっと解かりませんが、女性の場合なら、
”なんだか肌のお手入れを頑張りたくなる。いつもと違う傾向の洋服を買い
たくなる。自分から友達を誘いたくなる。 食べるものについて、ちゃんと考え
たくなる(健康面やダイエット面など)。スポーツをしたくなる ”とにかく、
外向きにアピールしたい何らかの力が沸く時ってあるのですよねぇ。
もしかしたら、そういう時が婚活に熱を入れるチャンスの期間なのかもしれ
ませんよ。自分の心に正直に向き合ってみましょう。逆に停滞期だってある
はずですが、それはそれで静かに受け止めれば良いのです。
泣ける映画を観る。没頭できるような推理小説を読む。寺社などを巡る1人
遠足もいいかもしれませんね。そのメリハリこそ、女性が元気で暮らして行く
事に必要なのだと思います。
どちらかというと、マッサージやスパなど、受身ばかりの癒しサービスに嵌
らない方が良いような気がします。

11月1日(土)
微妙な関係

お見合い後の交際について、究極「また、会いたいなぁ」と思えなければ
続かないのですよね。「また、会いたいなぁ」を重ねて、リアルにお相手との
結婚を考える。書いてみると簡単なのですが、実は難しいのだと思います。
例えばあなたに異性の友人(恋人じゃない)がいるとしましょう。
会って遊ぶには楽しいし、誘われれば「久しぶりだね、ご飯でも食べよう」と、
気軽に応じることもできます。でも、連絡がなければないでなんともないし、
会っていないとき、「う〜ん、気になる。会いたいな」とも思わない。
好意は抱いている。いいヤツだとも感じている。
結局は友達というカテゴリの人だということですよね。
お見合い後の交際カップルも、なんとなくこういう雰囲気になってしまう方々
があります。こうなるともう、交際終了しかないのが残念なところなのですが、
相談所での出会いはあくまで結婚目的ですものね。
ただね、思うのですよ。相談所以外で出会った友達ライクっぽいカップル、
”ラブ度云々と言われると?だけど、結婚したよ”という人たち、周囲に結構
多かったりしますよ。 後々、仲の良い夫婦生活を送ってます。

↑TOP