安心・安全 京都の結婚相談所 マリアージュ・コンソルジェ オフィスen


結婚したい人に送る今日の一言

 



3月13日(月) 悪口女子会はしない方がいいですよ〜

「本音だらけの婚活女子会に参加した話」として、感想を書いておられます。
なるほど納得の内容です。成婚退会をしていく女性は「会う人みんな、良い
方でした。個性的な人もいましたが、お話する分には興味深かったです〜」。
こんな感じ。誰のことも否定しないのです。 

しかし、婚活女子会にあって、そのノリに付いていかないと次からはお声が
掛らないそうです。なんとも、想像に容易い女の世界です。男性同志では
そういうことをしないのでしょうね。してたら怖い「本音だらけの婚活男
子会」。いっそ開催したら参加者があったりするのでしょうか?

・・ないと思われますね(笑)。男性は共感し合う生き物ではないですから。
「こんなイイ女と付き合った」という自慢大会ならしたいのかもしれません。

違うかなぁ? 最近、性差で個性を語れない時代になったとも思います。


3月20日(月)妥協しているのに結婚できない?

「年収400万円以上で大卒で、年齢差5歳までで普通のルックスで、できれ
ば京都、もしくは京都に近い関西圏」という希望を持っている女性が多いと
想像します。(20代、30代)それは妥協してそのライン。本当はもっと望
みたい条件があるという方もいるのでは?こんな記事(リンク先)がありま
したよ。とってもシビアです。

実は「年収400万円ちょっと」は、妥協するレベルの所得ではないとのことで
す。それすら高望みだとも書いてます。しかし、結婚相談所の男性プロフィー
ルを見る上では普通だとも思いますし、むしろ400万円以下の方は少なく思い
ます。なので、それなりの条件の男性が登録するところが結婚相談所なのかも
しれません。その自覚がある男性もいることでしょう。

それゆえ、女性に求めることも多いのかも知れません。どんな婚活方法より
結婚に近道な結婚相談所であるが故のハードルが、これなのかもしれません。

また、だからこそサポート役として仲人が存在するのです。

 

↑top