身上書交換について

身上書=釣書

「身上書って何ですか?」と聞かれたりします。
釣書のことです。”つりがき”って読む場合もあります。
基本、お見合い結婚(むかしながらの紹介者ありきのスタイル)をする前に交わされていたものです。
今でも存在しています。
恋愛結婚でも、親御さんによっては求める場合もあるようです。

身上書は結婚相談所に登録するプロフィールの内容より、もっと詳しい物です。
家族書というのもあります。
「身上書 釣書 見本」などで検索をするとたくさん出て来ますので参考にしてください。

参照サイト:https://pridal.jp/times/articles/paper-item-profile

相談所プロフィールの一文に「交際が進んだら身上書交換を希望します」と書いておられる方もいます。
大体が男性のお医者さんだったり、名が知れた会社の経営者・後継者だったり、格式ある家柄の方だったりするものです。
それを読んで、「きっと立派なおウチなのね。ちょっと無理かも」と、お見合いをしないを判断する女性もいることでしょう。
でも、少なくとも仮交際になって数回以上デートしてからのことなので、考えようによっては「そこまで行けばたいしたもの!」ということ。
身上書交換に慣れている家の男性たちにあって、しかし、やみくもに「はい、では身上書交換を」とは言いません。
今の時代におけるその重みを、余計に解っているからではないかと想像します。
ちなみに、身上書の用意をするのは親御さん(ドクターのお母様)だったりするケースも多いです。

かつては普通の方々(相談所でお見合いをして仮交際になった)の間でも、身上書交換はわりと行われていました。
しかも、仲人が介在して。
しかし、時代が進んだ現代となっては”個人情報保護の観点から、また人権問題など、デリケートな内容を記述することの問題がある”との理由から、今は会員さん同士で話し合い同意し合った上で身上書を交わし合っていただいています。
つまり、仲人はノータッチです。
少なくとも当所はそのようなカタチであることを、会員様には説明しています。

お問い合わせはこちらまで

 

3人に1人は婚活サービスを利用した経験あり

コロナ過でも婚活は盛り上がっている

ブライダル総研(リクルート)の「婚活実態調査」によると、
2020年婚姻者のうち、婚活サービスを利用していた人は33.1%だそうです。
婚活サービス利用者においては49.9%が結婚に至っており、その割合は過去最高とか。

また、
2020年婚姻者のうち、婚活サービスを通じて結婚した人は16.5%で3年連続過去最高を更新し続けています。
特に、ネット系婚活サービスを通じて結婚した割合が高い、と記されていました。

コロナで在宅勤務になったり、外出や飲食・イベントの機会が減ったため、異性と関わる機会がめっきり少なくなったここ2年。
逆に大腕を振って、ネットを利用した出会い(婚活アプリや結婚相談所のオンラインお見合い)を求めることができるようになったのではないでしょうか?抵抗感がなくなったのでないかと考えます。
「ちょっと恥ずかしい」とか「モテないようでなんだかかっこ悪い・・」というネガティブな見方がうんと減ったのですす。抵抗感がなくなった。

「だって、コロナだし(出会いがなくて当たりまえ。自分が特別モテないわけじゃない)」
「1人の時間が長いから、将来のことをいっぱい考えた」
「このままずっと1人で年を取りたくない」
「とにかく、誰かと繋がりたい。モニター越しでも話したい」
今までの結婚やパートナーを欲しいと思っていなかった人までも、気持ちに変化が生まれたのかもしれません。

ただ、これも↓また真実。
「誰かと繋がろうとすると、いや、繋がり掛けると、今までより実はもっと自分に向き合うことになる。」
新たな悩みが生まれたり、寂しさや痛みを感じることだってあるのです。
それを超えた先に、本物の出会いがあるのだと思います。

お問い合わせはこちらまで

婚活服を借りる!!

お見合いやデート用の服をレンタルしませんか?

「お見合いやデートに着て行く服、持っていないのですよねぇ~。
通勤はスーツかパンツにジャケットだし、普段着はカジュアル。
かといって買うのも勿体ないな。だって、婚活が終わったらまず、ガーリーな服は着ないだろうし」
とおっしゃる女性はたくさんいます。

そこでのご提案です!
婚活やデート服のサブスクレンタルはいかがでしょうか?

https://www.azbassetrescue.com/konnatoki/konkatuparty/

5年ほど前に、テストで私も(若い人用だけど服を見るため)2か月ほど契約したことがあるのですが、その頃より今は断然クオリティーやセンスがアップしていると見ました。
需要があるからなのでしょうね。

上記サイト内で、サブスク(定額制)と単品レンタルが紹介されていました。

(定額制)
https://www.air-closet.com/

https://www.brista.co.jp/

(単品)
https://dress-cons.com/

https://www.cariru.jp/

 

単品の方は、披露宴や二次会用、パーティードレスが多かったです。
お見合いやデートにはちょっと大げさかと思いました。
でも、お呼ばれには多いに活用できそうです。
定額制のair-Closetさんは、通勤やお出掛けに相応しいおしゃれでカジュアル寄りな服が多いです。
婚活やデートなどにはBristaさんが提供する服の方が、フェミニン♡で良いのではないかと個人的には思いました。
月額11,000円と安くはないですが、毎月3着ずつ送ってくれますし何より自分で選べます。
月に3着用意しておけば、複数のお相手とお見合いしたりデートをしても被ることなし。
ちょこちょこ服を買い足すより、ずっと安くつくはずです。
しかも、ちゃんとしたメーカーやブランドの物なので縫製や素材もしっかりしているかと思います。

「婚活期間はある程度決めたい。
時には辛いときもあるけど、しょっちゅう違う服を着て気分転換して頑張ろう!!
新しい自分の魅力も発見できたりして。」

そういう人は、せひお試しください。

お問い合わせはこちらまで